課題解決・導入事例

絆創膏 箱詰めライン

対象ワーク
絆創膏
対象ワークサイズ
W77mm×L127mm×H1.5 ~ W111mm×L147mm×H2
箱サイズ
S:83×41×140  M:93×30×160  L:116×30×178
箱種類
小箱(3枚フラップ差し込み/糊付け ストレート) 小箱(4枚フラップ糊付け)
生産能力
常用 20箱/分
納入業界
医療

全体ライン工程

  1. 取出し・集積
  2. 包装
  3. 重量・金属検査
  4. 小箱集積
  5. 集積箱搬送

※青枠は当社導入範囲

お客様の課題

絆創膏を製造されているお客様より、絆創膏包装・箱詰めラインの自動化に関するご相談を頂戴しました。他社メーカー様にて製造された既設機の稼働が安定せず、搬送不良・包装不良が発生しており、また段取り替えについても時間がかかる点に課題があり、装置提案の依頼を当社に頂きました。具体的な課題については以下のものがありました。

1)最大包装能力が20箱/分(1箱20枚入り)となり、400枚/分の能力で絆創膏を集積・包装する必要があるが、400枚の取り出し・集積を最大限不良を発生させずに行うことで、不良発生率を低減する

2)既設機では段取り替えに時間がかかっており、段取り替え時間を短縮することで生産性を向上させる。ただし、既設機のオペレーションに慣れている作業員の為に、引き継げる仕様は既設機から引き継いだうえで、時間短縮を目指す。

複数のメーカー様にご相談をされていましたが、特殊ケーサー・カートナーや高難度な箱詰め・包装ラインの導入実績を多く持ち、お客様のご要望に合致する提案を行った当社をご選定頂きました。

<動画で当事例の導入ラインを確認できます!>

 

提案・導入内容

当箱詰め・包装ラインは ①取出し・集積→②包装→③重量・金属検査→④小箱集積→⑤集積箱搬送 の構成となっています。

1)の課題についてですが、400枚/分の能力で、マガジンから絆創膏を取出し集積する点に大きな課題がありましたが、マガジンから高速で絆創膏を取り出し光電管センサーでカウントする仕様としました。静電気による影響にも注意して2枚取りを回避し、集積不良がないように仕様を最適化しています。 また、既設機では、取出し・集積、そして搬送部分だけではなく、小箱包装工程で不良が発生していました。不良発生の原因は、絆創膏が軽くカールすることにより集積された束が膨らみ、箱に挿入できない点にありました。そのため、挿入時に絆創膏の束を上から抑え込み箱挿入する仕様とし、不良発生をほぼゼロとすることで歩留まりを向上しました。

2)の課題についてですが、「段取り替え時間を短縮する」「既存のオペレーションを引き継ぐ」という2点を実現する必要がありました。お客様に複数の段取り替え仕様を提案し、すり合わせを行いました。 最終的に、マガジン設置までの仕様を既設機から引き継ぎ、後工程の仕様変更(両側ガイドの調整から片側ガイド調整への変更等)により段取り替え時間を大幅に短縮しました。

導入効果

当事例のお客様は、既設機が老朽化したわけではなく稼働ができる状態で、新規装置導入という投資を行う決断をされました。その中で、生産性の向上と歩留まり向上を実現でき、大変満足頂いた事例となります。

ケーサー・カートナー 課題解決.comを運営する日本自働精機は、当事例のように、取出し・集積部分の高難度な課題解決を可能とする装置導入など、箱詰め・包装ラインの自動化に対応します。困難な課題をお持ちの皆様、お気軽に当社にご相談ください。

当事例のピックアップ機器

間欠式横型カートナー/CTC-1500

 

課題解決・導入事例 一覧

お気軽にご相談ください

ケーサー・カートナー課題解決.comは、日本自働精機株式会社が運営する箱詰め装置・包装機に関する専門サイトです。
日本自働精機は、1958年の創業以来培ってきたノウハウと、お客様の無理難題の解決にチャレンジする組織風土により、皆様がお持ちの困難な課題を、特注自動機の開発や箱詰め・包装ラインの一貫対応により解決します。

電話番号:045-814-7852