技術情報

包装・箱詰め作業の効率化、カートナーとは?

箱詰め作業を容易にする包装機械、カートナーとは?

間欠式横型カートナー

出荷前の箱詰めは、作業者が製品の包装状態をチェックし、印字検査された賞味期限を確認、さらには個数・枚数検査や重量検査といった複数の作業を同時に行っています。ただこのような複数工程の兼任は確認漏れを引き起こし、作業効率の低下を誘発します。ヒューマンエラーを削減し大幅に生産性を向上させることを目的とした場合には、包装・箱詰め装置の導入が必要不可欠となります。包装・箱詰め装置には多数の機器がありますが、主に小箱等を包装・箱詰めする装置をカートナーと呼びます。カートンと呼ばれる厚紙を四角に成形した後、製品を挿入・包装する装置です。

>>日本自働精機が取り扱うカートナーラインナップはこちら

>>カートナーを用いた課題解決・導入事例はこちら

カートナーの包装・箱詰め形態とは?

カートンの中に付属品(能書やはがき等)を挿入する場合もあり、挿入物仕様・箱仕様・印字仕様等、お客様によって異なるため、カートナーは一般的にカスタマイズされて導入されることがほとんどです。ここでは代表的なセットアップ型とラップラウンド型について、ご紹介します。

①セットアップ式

事前にサック貼りされ、折り畳まれた箱を起こし、被包装品をフラップ開口部分から挿入します。セットアップ式は横型が主流ですが、被包装品を横にすることなく供給出来る縦型カートナーもあります。セットアップ式は間欠式と連続式に分類され、連続式は間欠式と比較し、高速で包装・箱詰めが可能となります。

②ラップラウンド式

セットアップ式とは異なりサック貼りがされていないブランクシートを押し型に押した後に、被包装品を供給し、箱に仕上げて包装します。セットアップ式では実現できない特殊な箱や被包装品に対応出来る形態となります。

カートナーを活用した課題解決事例を一部ご紹介!

①絆創膏 箱詰めライン

絆創膏 箱詰めライン

絆創膏を製造されているお客様より、絆創膏包装・箱詰めラインの自動化に関するご相談を頂戴しました。他社メーカー様にて製造された既設機の稼働が安定せず、搬送不良・包装不良が発生しており、また段取り替えについても時間がかかる点に課題があり、装置提案の依頼を当社に頂きました。具体的な課題については下記をクリックしてください。

②ペンシル型化粧品 箱詰めライン

ペンシル型化粧品 箱詰めライン

化粧品を製造されているお客様から、ペンシル型化粧品の箱詰め自動化に関するご相談を頂きました。ペンシル型化粧品の小箱のデザイン・形状等は製品ブランドとして非常に重要な要素となっており、設備導入にあたって、お客様には多くの課題がありました。具体的な課題については下記をクリックしてください。

③袋入り浣腸 箱詰め・包装ライン

袋入り浣腸 箱詰め・包装ライン

袋入り浣腸を製造しているお客様より、箱詰めラインの自動化に関するご相談を頂戴しました。
従来お客様では当社の半自動機を使用しており製品を手作業にて投入されていましたが、省人化と製品増産にあたり自動化を進める必要があり、多くの課題をお持ちでした。具体的な課題については下記をクリックしてください。

カートナーのことなら、当社にお任せください!

ケーサー・カートナー課題解決.comを運営する日本自働精機は、カートナーメーカーとして長年、事業活動を行ってまいりました。当社は特に他社に断られるような特殊カートナーの開発を強みとしており、多種多様なお客様のニーズに合わせて、対象ワークの製品仕様や要求仕様を考慮した多品種少量生産に対応しております。箱詰め・包装でお困りごとがございましたら、まずは当社にご相談ください。お客様のお役に立てる最適な提案を行うことをお約束致します。

>>解決ポリシーはこちら

>>お問い合わせはこちら

>>資料ダウンロードはこちら

関連記事

お気軽にご相談ください

ケーサー・カートナー課題解決.comは、日本自働精機株式会社が運営する箱詰め装置・包装機に関する専門サイトです。
日本自働精機は、1958年の創業以来培ってきたノウハウと、お客様の無理難題の解決にチャレンジする組織風土により、皆様がお持ちの困難な課題を、特注自動機の開発や箱詰め・包装ラインの一貫対応により解決します。

電話番号:045-814-7852