技術情報

ケーサーとは?ケーサーの種類と特長を解説!

ケーサーとは?

ワークを段ボール等のケースに挿入し、封函する機械です。代表的なものにセットアップケーサーやラップアラウンドケーサーがあります。製函機、封緘機、集積装置などと組み合わせることで汎用性・生産性の高いラインを構成できます。

①ラップアラウンドケーサー

ラップアラウンドケースで包装する機械。機械的に集積された内容品を載せ、それを包み込んでフラップを接着剤やテープで接合する。ラップラウンドケーサーとも呼ばれます。

>>日本自働精機が取り扱うラップラウンドカートナーはこちら

セットアップケーサー

あらかじめ胴貼りして平らに折り畳まれた段ボールケースを起こし、側方または上方から、製品を一つないし集積された複数個挿入し、両面を接着剤やテープで接合するケーサー。人手にて製函されたケースに上流から流れてくる製品を挿入するだけのものを、単にケーサーとする場合もあります。

ケーサーに関連する機器をご紹介

ケーサーの関連機器として以下の装置があります。

❶製函機

あらかじめ胴貼りして平らに折り畳まれた段ボールケースを、マガジンから1枚ずつ吸盤で取出し、底部のフラップを折りたたんで接着剤またはテープで貼り箱状にする装置です。

❷封函機

製品を挿入した段ボールケースにおいて開口部のフラップを折りたたみ、接着剤やテープで封緘する装置です。

❸製品挿入装置

上流から流れてくる製品を一つないし複数個ハンドリングし挿入する装置。製品の挿入方法は高速かつ正確な動作を実現するパラレルリンクロボット、フレキシブルな動作の多関節ロボット、一品製作で実現する挿入装置があります。

❹集積装置

上流から流れてくる製品を指定のパターンに集積する装置。製品の集積方法はサーボを使用する移載、ピック&プレイスを使用する移載、エアシリンダを使用する方法など集積個数や集積形態、製品の形状や特性に合わせた最適な方法を選定する必要があります。

ケーサーのことなら、当社にお任せください!

ケーサー・カートナー課題解決.comを運営する日本自働精機は、箱詰め・包装ラインのメーカーです。他社に断られるような無理難題にも対応し、多様な業界のお客様に選ばれれて来ました。箱詰め・包装ラインの自動化をご検討中の皆様、お気軽に当社にご相談下さい。

>>解決ポリシーはこちら

>>お問い合わせはこちら

>>資料ダウンロードはこちら

関連記事

お気軽にご相談ください

ケーサー・カートナー課題解決.comは、日本自働精機株式会社が運営する箱詰め装置・包装機に関する専門サイトです。
日本自働精機は、1958年の創業以来培ってきたノウハウと、お客様の無理難題の解決にチャレンジする組織風土により、皆様がお持ちの困難な課題を、特注自動機の開発や箱詰め・包装ラインの一貫対応により解決します。

電話番号:045-814-7852